倉敷市の歯医者、小児歯科・虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント

あなたの歯を守りたい!大切な歯を抜くことが無いように

想いは海を超えて…フィリピン医療ボランティア活動について 虫歯・歯周病の治療から、インプラント・入れ歯の治療、審美歯科・ホワイトニング・矯正歯科など幅広く対応しています。小児のころから正しい知識・診療・健診を行うことで、健康な歯を守っていくことが当院の役割だと考えています。

エリサ先生の ワンポイントレッスン

子供の歯並びを良くしたい!!

きれいな歯並びって憧れますよね。診療室でも2歳、3歳や早ければ生えたての歯のゆがみを気にされて”いつから矯正ができますか?”と聞かれることもあります。また、”乳歯の間は歯並びがよかったのに、永久歯が生えてきたらガタガタだけど矯正をしなくちゃダメ?自然に綺麗になりませんか?”と聞かれることもあります。どちらにしても 歯並びは良いほうがいいね、でも、できる事ならお金がかからないほうがいいな。と思うのは皆さん同じなのでしょう。ところで、歯並びって親子で似ていることが多い気がしていますが”遺伝”なのでし...続きを読む

歯磨きしにくくて困っていませんか?

小さなお子様が来院されると”歯磨きさせてくれないんです”といわれるお母様に出会います。中には”おえっ”となるので奥が磨けなくて、、という悩みのお母様も。歯磨きは習慣です。毎日の根競べで”歯磨きは嫌じゃないよ”、ということをお子様に体験してもらわなくてはなりません。何がお子様にとって嫌な思いになっているのでしょうか。10人の子供さんがいれば10人の状態があります。まずはお子様と向き合ってみましょう。その際のヒントを少し。①どんな雰囲気で磨いているでしょう。お母さんが必死になりすぎていませんか?眠た...続きを読む

しっかり噛めているかな?

ご飯を食べている時にちょっと見てほしい部分があります。足元です。お子さんの足元はどうなっているでしょう? こんな感じにブラブラさせていたり、足を組んではいませんか?足元がグラグラしていると体幹が定まらず体がゴソゴソ動きながらご飯を食べることになります。すると食べこぼしが増える、姿勢が悪くなるので正しい嚥下が行いにくくなる、そして、噛む力が20%も落ちます。しっかり噛むことで満腹中枢も刺激されて食べすぎも抑えられますが、噛むと出てくる唾液が食中毒を予防してくれたり、消化を助けたりしてくれ...続きを読む

お口の体操でインフルエンザ予防

今年は暖冬だと思っていたはずなのに気づくと最強の寒波がやって来るなどやっぱり寒い冬を感じる今日この頃ですね。寒さとともにここ1,2週間でインフルエンザが猛威を振るい始めたようです。近隣の小学校ではインフルエンザのための学級閉鎖もあるようで、保護者にとってもドキドキのシーズン到来です。さて、昨年もインフルエンザ予防として流行した‟あいうべ体操”を覚えていらっしゃるでしょうか。びっくり驚いた顔で大きくお口を開ける”あ”の発音口角を横に引っ張るようにする”い”の発音タコの口のようにとがらせる”う”の発...続きを読む

歯のケアいつから始める?2

さて、実際の歯磨きはいつからどんなふうに始めたらいいのでしょう?答えは歯が生え始めたらすぐ!とは言えいきなり歯ブラシに行ってもいけません。歯が生えてきた赤ちゃんのお口に今まで入った経験のあるものはお乳や哺乳瓶のニップル、おもちゃなどです。歯ブラシのようなケバケバしたものの感触は少し刺激が強いのでまずはガーゼでふいてあげましょう。歯磨きといっても本来の目的は外からの刺激に慣れること。虫歯菌に感染しやすい時期や食べたり飲んだりする物の性状などから考えて、汚れを落とさなくちゃ!!と必死になる前に、食べ...続きを読む

Copyright (C) KIMOTO MANABE DENTAL CLINIC All Rights Reserved.