倉敷市の歯医者、小児歯科・虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント

あなたの歯を守りたい!大切な歯を抜くことが無いように

想いは海を超えて…フィリピン医療ボランティア活動について 虫歯・歯周病の治療から、インプラント・入れ歯の治療、審美歯科・ホワイトニング・矯正歯科など幅広く対応しています。小児のころから正しい知識・診療・健診を行うことで、健康な歯を守っていくことが当院の役割だと考えています。

エリサ先生の ワンポイントレッスン

歯が生えてくるのが遅い??

子どもの成長は嬉しいですよね。
低年齢であればあるほど昨日できなかったことが今日はできるようになっている、というくらい目覚ましい成長を見ることが出来るのは親の喜びです。
そんな中、他の子供と比べて”あれ?遅い??”時になることもあるはずです。
他の子は5ヶ月で歯が生えていたけれど、うちの子は8ヶ月なのに生えてこない。乳歯が抜けて半年経つのに永久歯が生えてこない。などなど、年齢によっても様々に気になる”歯がまだ生えてこない”という相談はよく伺います。
歯がなかなか生えないことには様々な原因があります。
まず、1歳未満での多くの原因は”体が準備できていないため”です。6ヶ月になりました!歯、生えます!というもではありません。同じ6ヶ月でも全員が40週で生まれてきているわけではなく、早かったり遅かったり様々ですし、体重が順調に増えたりゆっくりだったり。太っているから、痩せているからと健康かどうかが決まるわけではないのと同じように、かなりの個体差があります。乳歯が1本も生えない、生まれた時から歯があるということはごく稀なことなので健康体であればゆったりと生える時期を待って大丈夫です。
次に気になるのは、生え変わりの遅い時。
この場合の原因はいくつかあります。
・ 乳歯が抜ける時期が早過ぎた
過去に虫歯などの重篤な症状があり早く抜けたり、外傷で抜く、抜ける。顎の骨が小さ過ぎて隣の歯と一緒に根が吸収されてしまった。という場合。
・ 永久歯の芽がない
・ 永久歯の芽が変な方向などにあり生えることができない
などなど、永久歯の生え変わりで遅い場合は乳歯が抜けて半年以上経っても生えてこない場合は一度レントゲンをとってもらいましょう。原因がわかれば何かしらの対処ができます。焦ることはないけれど、気になるなというときは遠慮なくかかりつけ医に相談して、安心して子どもの成長を楽しみましょうね。

Copyright (C) KIMOTO MANABE DENTAL CLINIC All Rights Reserved.