倉敷市の歯医者、小児歯科・虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント

あなたの歯を守りたい!大切な歯を抜くことが無いように

想いは海を超えて…フィリピン医療ボランティア活動について 虫歯・歯周病の治療から、インプラント・入れ歯の治療、審美歯科・ホワイトニング・矯正歯科など幅広く対応しています。小児のころから正しい知識・診療・健診を行うことで、健康な歯を守っていくことが当院の役割だと考えています。

コンテンツ一覧

  

入れ歯の動くのを何とかしたい!!

入れ歯を使っていらっしゃる患者さんに‟何とか動くのを止めてほしい”といわれることがよくあります。何種類か方法があるのですが、歯が1本でも残っているのであれば磁石を使って止めていく方法がお勧めです。    左の図のように入れ歯のほうに磁石を仕込み、歯の根っこのほうに磁石とくっつく金属を仕込み   ます。通常の入れ歯のように使えますのでお掃除もいつも通り。それでいてしっかりとくっついてくれる優れものです。続きを読む

歯のケアいつから始める?2

さて、実際の歯磨きはいつからどんなふうに始めたらいいのでしょう?答えは歯が生え始めたらすぐ!とは言えいきなり歯ブラシに行ってもいけません。歯が生えてきた赤ちゃんのお口に今まで入った経験のあるものはお乳や哺乳瓶のニップル、おもちゃなどです。歯ブラシのようなケバケバしたものの感触は少し刺激が強いのでまずはガーゼでふいてあげましょう。歯磨きといっても本来の目的は外からの刺激に慣れること。虫歯菌に感染しやすい時期や食べたり飲んだりする物の性状などから考えて、汚れを落とさなくちゃ!!と必死になる前に、食べ...続きを読む

歯のケアいつから始める?

赤ちゃんが生まれてきて、7か月ころに下に可愛らしい前歯が生えてきます。(ずっと早く生えてくる子や、1歳ごろの子もいるので心配しないでくださいね)”あ~!!歯が生えてきた”と嬉しくなりますよね。それと同時に”この子を虫歯にはしたくない!”と思う方もいらっしゃるでしょう。そして”歯ブラシはいつから?””歯磨き粉は使わないほうがいい?”など疑問に思うこともあると思います。健康な歯を育てていこうと思ったとき、気をつけることは歯が生えてくるよりずっと前から始まっています。子供の歯は胎生4か月ころから作られ...続きを読む

2016年活動へ向けて

さて、事前調査も9月に終えることができました。2016年のプロジェクトに向けて半年を切り、いよいよ11月待つには事前ミーティングが行われます。今年の医療ボランティアには現在100名を超える参加者がいる予定です。年々増加する参加者に非常に身の引き締まる思いであり、参加してくださる皆様に感謝感謝です。当院からは私はもちろんのこと、昨年に続き衛生士山形、今年当クリニックのメンバーとなってくれた技工士の金谷が参加をしてくれます。力強いスタッフの参加にも感謝です。すでに物資も多く寄付をしてくださり、昨年に...続きを読む

11月20日、21日に院長出張のため不在となります。

11月20日(金)、21日(金)に院長出張のため不在となります。続きを読む

Copyright (C) KIMOTO MANABE DENTAL CLINIC All Rights Reserved.